【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  経営戦略 2級)

【問題 21】
日本の自動車業界では、中間組織としての下請け制度がある。このうちX社のサプライヤーは在庫を負担しているため、獲得する利益も好不況により変動してきた。一方、Y社のサプライヤーは在庫リスクをY社が負担しているため、サプライヤーは安定的に利益を確保してきた。
 X社、Y社のサプライヤーに関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 Y社のサプライヤーは、資本効率を高めることができる。

 X社のサプライヤーには、コスト削減やイノベーションといったインセンティブがある。

 Y社のサプライヤーは、製造加工業務に特化できるため、製造に関するノウハウが速く蓄積される。

 X社系列とY社系列の違いは、在庫リスクを1社が持つかサプライヤーを含めて複数企業が持つかである。

 Y社のサプライヤーにとっては、在庫リスク負担の点でメリットがある。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.