【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  経営戦略 2級)

【問題 23】
組織スタイルの類型モデルに関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 事業に関する主な意思決定を取締役会などの会議体で決定し、企業としての独自の行動パターンを形成するような組織スタイルをコンセンサス型と呼ぶ。

 強力な経営理念で統合され、意思決定の際に熟考に熟考を重ねる組織は、イデオロギー型に分類される。

 組織内のプレイヤー個々人が自由な発想の下で行動し、創発的に戦略を形成する組織スタイルを傘型の組織スタイルと呼ぶ。

 環境の影響を強く受け、その時々に応じて創発的だが、熟考的な戦略によって環境適応を可能にする組織スタイルは、強制型に分類される。

 トップ・マネジメントの強力なビジョンによって動機づけられ、計画的というより一人の意思決定によってすべてが決定される組織スタイルを、企業家型と呼ぶ。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.