【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  経営戦略 2級)

【問題 28】
「ネットワーク組織」と「集権的組織」に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 経営環境に適合するため経営戦略を策定し、他社と経営資源を相互に活用するための組織として「ネットワーク組織」という形態がある。

 NPOやNGOなどにおける「ネットワーク組織」は、小組織がいくつも緩やかに結合され、各組織構成ユニットの自律性が低い組織である。

 大企業の自律的子会社がネットワーク組織に参加する場合、経営環境の不確実性を子会社に集約することが可能である。

 集権的組織の長所は、指揮・命令系統が単純で管理者の権限・責任が明確に規定され、秩序や規律も容易にコントロールできることである。

 階層の多い集権的組織の短所は、上位の管理者に負担が大きくなるとともに、上位の管理者と現場との意思疎通が困難になることである。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.