【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  経営戦略 2級)

【問題 3】
企業がとりうる経営戦略に関する記述として最も適切なものは、次のうちどれか。

 SWOT分析により経営戦略を立案することは、急激に環境が変化し将来が予測できない状況においてこそ有効である。

 PPMに基づいて経営戦略を策定すれば、事業間のシナジー効果を十分に検討することができる。

 プロダクトライフサイクルに基づき成熟期に達したと判断される事業は、やがて衰退することが予測されることから、新製品開発や設備投資を行うべきではない。

 ポジショニング型戦略は、競争環境の変化が激しい市場における戦略策定には必ずしも有効ではない。

 競合他社や代替品、新規参入、売り手、買い手といった競争環境を多面的に分析すれば、客観的に正しい戦略を立案することができる。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.