【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  経営戦略 2級)

【問題 30】
意思決定の代表的なモデルである組織内部の「パワー」という概念に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 組織に参加している人間は、必ずしも合理的に行動できないという前提に立つと、組織における意思決定は、組織内のパワー関係に影響されているといえる。

 組織内のパワー概念には、組織目標を達成するための手段としてだけでなく、組織内の個人や集団が、自らの利害を追求する手段が含まれている。

 パワー行使は、自動的に行使されるものではなく、問題の重要性の程度やパワー分布といった条件に左右される。

 見えざるパワー行使とは、暗黙のうちに行使されるパワーであり、組織構成員の「深層レベル(見えざるレベル)」におけるパワーゲームである。

 パワーの源泉は、組織の階層上の公式的地位によるもの、経営資源のコントロールによるもの、仕事の流れにおいてどのような地位を占めているかによるものの3つである。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.