【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  経営戦略 2級)

【問題 32】
経営戦略の評価に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

 経営戦略が近視眼的にならないように、企業価値は、経営戦略の評価から外すべきである。

 経営戦略の評価は曖昧にすべきではないことから、少数の経営指標に絞って管理するのがよい。

 DCF法では、将来キャッシュ・フローや割引率の見積りを変えると、経営戦略の評価結果が大きく変わり、恣意的になりやすい点に留意すべきである。

 経営戦略を客観的に評価するためには、定量的に計測できる指標に絞って目標設定し、評価するのがよい。

 経営戦略は、トップや事業部門長の責任で立案するものであることから、末端の従業員まで、評価結果をフィードバックする必要はない。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.