【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  経営戦略 2級)

【問題 37】
家庭雑貨業界に属する中堅メーカーA社は、生産基地として東南アジアを選定し、EUや北米市場をターゲットに三国間貿易を主体としたオペレーションを計画している。A社がグローバル事業を展開する上で留意すべき記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 A社は、進出する海外市場における自社の位置付けを見直し、ブランドの構築を行うべきである。

 A社は、市場と生産基地を国際的に分散させることにより為替変動の影響を売上高から利益にシフトさせることができる。

 日系企業が進出先を決める要因として、進出先の関税の有無や進出先から輸出先への特恵関税などが考慮されるべきである。

 A社の戦略は、先取り的に資源を確保し、当初の長期計画を実行していくことが重視される。

 情報的資源を技術移転する戦略として、移転すべき技術を仕分け、形式知はマニュアル化し、暗黙知は現場研修にて習得する方法が有効である。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.