【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  経営戦略 2級)

【問題 39】
変化の激しい新たな時代の中で、従来の経営分析手法では分析できない環境に直面することがある。このとき、企業が取り組むべき新たな経営手法に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 「企業の持続的な競争優位の源泉であり、他の企業にとって模倣・複製・代替しにくい企業特有の資源や能力」であるコア・コンピタンスを活用することが事業の推進力となる。

 組織を横断的な業務プロセスでとらえ、再設計することで経営効率を高める手法をビジネス・プロセス・リエンジニアリングという。

 アジル・カンパニーとは、製品を迅速かつ効率的に市場に送り出すために、最先端の情報通信技術や生産技術を用いて、変化や不確実性に満ちた環境に適した俊敏な動きを示す企業である。

 バーチャルコーポレーションとは、自社の持つ能力と他者の持つ高質な資源の間を、情報ネットワークを媒介として恒常的に結び付けていくことである。

 日本企業の競争優位の源泉の1つは、1950年代以降の経済成長期に培われた競争と協調を組み合わせたシステムといわれている。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.