【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  経営戦略 2級)

【問題 4】
競争優位の戦略に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

 競争環境を分析する場合、顧客や供給業者の影響も検討する。

 差別化戦略における差別化のポイントは、消費者には認識できないような違いであってもよい。

 業界最大手の企業が市場占有率を拡大するために、取扱商品の差別化戦略を徹底する。

 集中戦略は、特定の製品や顧客に絞り込んで、低コストや差別化以外の方法によって優位性を構築する戦略である。

 コスト・リーダーシップ戦略は、同一品質の製品やサービスを競合他社より低価格で提供することを目的としている。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.