【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  経営戦略 2級)

【問題 8】
企業の理念に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 企業のドメインは企業の活動領域を示すものであるが、企業理念は企業の意思決定の価値判断の基準となるものである。

 企業理念とビジョンは区分けすることが難しく、しばしば似通ってしまうことが多い。

 経営理念は、企業の存在意義、使命など対外的に実現したい姿と、経営姿勢、行動指針など組織の基本方向・共通の価値について定めたものである。

 経営理念を外部へ公表することは、企業の経営戦略を公表することと同じであり、避けるべきである。

 グローバル化した企業では経営理念により、企業内がダイバーシティーのような状況でも、共通の価値基準、行動基準となるために軋轢は少なくなる。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.