【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  ロジスティクス管理 3級)

【問題 21】
物流拠点の立地設定に関する考え方として最も不適切なものは、次のうちどれか。

 物流拠点の配送エリアと、支店の営業エリアを都道府県単位で揃えることで、物流部門と営業部門の連携が円滑化されるとともに、物流コストの削減が容易になる。

 物流コスト負担力の小さい商品を扱うメーカーの物流拠点ほど、1拠点当たりの配送エリアが小さくなりやすい。

 製品輸入の増加に伴い、湾岸道路沿いなど臨海地に立地する傾向が強くなっている。

 量販店の物流システムにおいては、在庫保管用拠点、食品類加工用拠点など、異なる機能を持つ拠点が同一敷地内に併設される場合がある。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.