【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  ロジスティクス管理 3級)

【問題 24】
共同配送に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

 荷主主導で共同配送を進める場合、総論で賛成を得ても各論では反対意見が出やすいため、意見を調整する強いイニシアティブを取ることができるリーダーが必要である。

 多頻度小口納品は車両も小さく、在庫も最低限に抑えることができるため、共同配送よりコスト面や環境負荷面でも有利に働く。

 共同配送は、保管場所を集約しなければその効果は出ない。

 ミルクラン方式は共同配送の1つの事例と位置付けることができるが、車両の規模が大きくなるため環境負荷は大きくなる。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.