【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  ロジスティクス管理 3級)

【問題 31】
物流におけるコスト・トレードオフに関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 小ロット配送、納品リードタイムの短縮、時間指定納品といった物流サービスの高度化は、着荷主側の作業効率の向上や在庫負担の軽減につながる一方、発荷主側のコストアップ要因となる。

 製品を工場から近くの在庫拠点に移送してストックし、そこから地方ブロックごとの配送拠点に輸送するようなケースでは、在庫拠点を廃止して配送拠点に直送することで、拠点数が減少するため保管費は減少するが、輸送費は増加する。

 在庫拠点数を増やすと一般的には在庫保有コストも増えるため、在庫リスクの高い製品の場合には物流拠点数を減らす方がよい。

 長距離輸送をトラックから内航海運にモーダルシフトを進めると、一般的には環境負荷が削減されるが納品リードタイムが伸びるため、取引条件を変更する、在庫を多く持つ、といった対応も必要となる。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.