【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  ロジスティクス管理 3級)

【問題 34】
受注時の注文内容確認に関する記述として最も不適切なものは、次のうちどれか。

 数量チェックとは、受注した数量が論理的に著しく大きくないか、受注単位と数量が合っているかどうかの確認を行うことである。

 納期チェックとは、希望納期が受注時点から納品までのリードタイムに適合しているかの確認を行うことである。

 与信限度枠チェックとは、顧客の前受金が今回の注文でもまだ残額が残るかどうかの確認を行うことである。

 割当枠限度チェックとは、品薄の場合などにより営業や顧客にあらかじめ割り当てられた量について、今回の注文を受けることによりそれをオーバーしないかの確認を行うことである。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.