【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  ロジスティクス管理 3級)

【問題 36】
発注処理システムに関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

 「発注側」が発注内容を決定する場合、人が判断し、人手で入力がなされるEOSと、コンピュータによる自動発注(CAO)の2つの方式がある。

 「受注側(仕入先・納入事業者)」が発注内容を決定するVMI(ベンダー在庫管理方式)は、受注側の独自の仕組みだけで需要予測を行い、発注内容を決定するものである。

 コンピュータによる自動発注(CAO)を行う場合は、各商品の在庫数に一定の基準を設定する必要があるが、基準設定の基本は前回の発注量である。

 EOS発注における携帯型の発注専用端末は、熟練度が増すと入力速度が上がるため、大量データの入力時にも効率よく対応ができる。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.