【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  営業 3級)

【問題 1】
営業パーソンとしての一般的な心構えや姿勢に関する記述として最も適切なものは、次のうちどれか。

 営業は製品あってのものであるので、製造部門や研究開発部門に対しては謙虚な態度で接しなければならない。

 営業活動の目的は、営業パーソンのノルマ達成のため、顧客に自社製品を売り込み、売上げを獲得することである。

 会社に対しては顧客の代理人、顧客に対しては会社の代理人という立場を取らなければならない。

 見た目の印象や性格、態度といった主観的なものよりも、確実な販売テクニックを重視しなければならない。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.