【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  総務 3級)

【問題 10】
株主名簿に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 株券不発行会社の場合の株主名簿の名義書換は、株主名簿上の株主と株式の取得者が共同して請求した場合、その他法務省令で定める場合にしか行うことができない。

 株主名簿上の株主を確定するために、基準日を設けた以上、会社は基準日後に新たに株主となった者について、いかなる場合も権利行使を認めることはできない。

 株主総会招集通知などの各種通知や催告が5年間継続して到達しなかった場合には、それ以降、会社は通知・催告を行う必要はない。

 会社は、株主名簿を会社の本店に備え置き、その営業時間内は、原則として、株主及び債権者の閲覧などの請求に応じなければならない。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.