【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  総務 3級)

【問題 15】
電子文書に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

 ワープロソフトなどで作成した電子文書は、編集できるファイル形式のままではなく改ざんやウィルス感染の危険のないPDFファイルにしておくことが望ましい。

 ハードディスクの損傷などによって電子文書は簡単に破損してしまうものなので、複製をできるだけたくさん作っておき、文書損失のリスクを下げることが重要である。

 業務の作業効率を重視する必要があるので、各人が最も使い慣れたソフトウエアで文書を作成するのが好ましい。

 IT書面一括法とは、書面の交付等を義務付けられた関連法律について、書面の交付等に代えて、政令により、当該書面に記載すべき事項等を電子情報処理組織及びその他の情報通信技術を利用する方法を定めた法律である。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.