【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  総務 3級)

【問題 19】
オフィス環境整備に関する記述として最も適切なものは、次のうちどれか。

 オフィス環境整備では、従業員の健康と安全に配慮することは大切であるが、より重要視することは、生産性向上と企業の利益である。

 夏のクールビズ・冬のウォームビズが近年定着してきているが、そのねらいは節電・省エネルギーであり、結果としてCO2の排出量を減少させることにある。

 照明・温度・湿度・音等は、従業員の生産性に大きく影響を及ぼすが、その中で室内はできるだけ静かな方がよい。

 従業員は全て平等であるので、執務スペースを均一化し、各部門で不公平にならないように、同じ環境が提供できるように考慮することが大切である。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.