【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  総務 3級)

【問題 24】
リースに関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

 ユーザーとリース会社が、リース契約を締結した日がリース開始日となり、料金支払いの義務が発生する。

 リース料金の算定は、物件価格及びリース会社の利益を合計したものを、リース期間の月数で割ったものであり、毎月のリース料金となる。

 ファイナンスリースの場合、物件の法定耐用年数が10年未満の場合は耐用年数の80%、10年以上の場合は50%以上でリース期間を設定できる。

 リースのメリットは、初期の多額の費用の流出を避け、費用の平準化ができ、陳腐化に対応して、最新の設備に更新しやすいことである。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.