【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  総務 3級)

【問題 30】
社葬に関する記述として最も適切なものは、次のうちどれか。

 社葬にすることが決まったら、担当部長を葬儀運営の最高責任者である葬儀委員長に選任し、迅速に準備を開始する。

 葬儀委員長は、会社の代表として喪家との窓口になり、遺族の意思を尊重しながら会社の方針ともすり合わせ、実質的な葬儀進行の中心となる。

 新聞紙上などで取引先企業の葬儀を知り、それが社葬である場合は、故人の地位とお付き合いの度合いにより、それにふさわしい者を列席させる。

 社葬における式場の配置は、祭壇に向かって右側に葬儀委員長、来賓、友人関係、その他の参列者の席、左側に遺族・近親者の席とする。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.