【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  総務 3級)

【問題 34】
リスクマネジメントにおけるリスクの理解に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 企業活動におけるリスクは、企業において損失が発生する可能性ととらえる。

 リスク=危険ではなく、類似の用語にペリルやハザードがあり、工場において可燃性の材料を1箇所に大量に保管しているような場合、ハザードに該当する。

 リスクの大きさをとらえる場合、ハザードがあればペリルが起こりにくくともリスクは高いと考えられる。

 企業を取り巻くリスクは多様化しているが、自社を取り巻くリスクの把握においては、ヒト、モノ、カネ、情報といった経営資源の視点で整理すると分かりやすい。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.