【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
人事・人材開発 2級 (サンプル 1)

【問題 22】
職務給制度の設計・運用に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 単一職務給は、定型業務に従事する非正社員や技能職などに用いられることが多いが、通常の正社員に用いる場合は、基本給を単一給のみとするのではなく、職能給など組み合わせて洗い替え方式で用いることなどが、一般的に考えられる。

 範囲職務給は、同一等級内でさらに職務給ゾーンを区切る場合があり、その場合は、現在どのゾーンにいるかによって、同一等級・同一評価でも昇給率を違える。

 等級ごとにミッドポイントやポリシーラインを設けて、それらの上下で昇給率を違える場合は、同一等級・同一評価であっても、上位ゾーンにある者の昇給率が高くなるようにする。

 範囲職務給を導入した段階で上限額を超える者については、超えた額は職務給と区分して調整給とし、一定の期間で逓減・償却するようにする。

 本人の能力以上の職務・役割に就いている場合でも、その職務・役割に該当する等級の範囲職務給を適用するようにする。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.