【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
労務管理 2級 (サンプル 2)

【問題 11】
休憩に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 使用者は、労働時間が8時間を超える場合には少なくとも1時間の休憩を与えなければならない。

 使用者は、休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。

 使用者が、休憩時間の利用について規律保持上の制限を加えることは、休憩の目的を損なわない限りにおいて問題ない。

 使用者は、休憩時間を原則として一斉に与えなくてはならないが、労使協定を締結し、それを所轄労働基準監督署長に届け出た場合には、この限りではない。

 使用者は、所定労働時間が4時間のパートタイム労働者が、残業により労働時間が6時間を超える場合には、少なくとも45分の休憩を与えなければならない。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.