【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
労務管理 2級 (サンプル 2)

【問題 13】
労働時間の弾力化に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

 企画業務型裁量労働制では労使委員会の決議において、健康及び福祉を確保するための措置、並びに、苦情の処理に関する措置を講じなければならない。

 専門業務型裁量労働制は、労使協定で、みなし労働時間を1週間について40時間と定めることにより、適用することが可能である。

 情報通信機器を活用した在宅勤務において、使用者の指示により、当該情報通信機器が常時通信可能な状態におかれている場合には、事業場外労働に関するみなし労働時間制の適用が可能となる。

 特例措置事業を除き、4週間単位の変形労働時間制の法定労働時間は月160時間であり、1箇月単位の変形労働時間制の法定労働時間は、暦日数に関係なく月171.4時間である。

 1年単位の変形労働時間制において、対象期間を3箇月以内とすることはできない。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.