【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
労務管理 2級 (サンプル 2)

【問題 14】
労働基準法第41条に規定する管理監督者に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 管理監督者であるかは、職名等にとらわれず、職務内容、勤務態様、待遇・処遇等の実態に即して判断される。

 管理監督者については、休日労働、時間外労働、深夜労働に対する割増賃金を支払う必要はない。

 管理監督者については、休憩に関する規定は適用されない。

 管理監督者であっても、年次有給休暇の付与が必要である。

 管理監督者であっても、その健康確保を図るため、使用者は適正な労働時間管理を行う責務がある。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.