【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
労務管理 2級 (サンプル 2)

【問題 2】
労働契約法によれば、労働条件の変更は、原則として、労働者と使用者の合意によって行わなければならないが〈第8条及び第9条〉、例外的に「合理的な」就業規則の変更による場合には、使用者は労働者の合意なくして労働条件を変更することができるとされている〈第10条〉。就業規則変更が、合理的か否かの判断要素として不適切なものは、次のうちどれか。

 変更後の就業規則の内容の相当性

 労働者の受ける不利益の程度

 労働組合等との交渉の状況

 変更後の就業規則の行政官庁への届け出の有無

 労働条件の変更の必要性




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.