【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
労務管理 2級 (サンプル 2)

【問題 21】
労働基準法が規定する時間単位年休に関する記述として適切な組合わせは、次のうちどれか。

A.時間単位年休は、まとまった日数の休暇を取得するという年次有給休暇制度本来の趣旨を踏まえつつ、仕事と生活の調和を図る観点から、年次有給休暇を有効に活用できるようにすることを目的としている。
B.時間単位年休を実施する場合には、事業場において、労使協定を締結する必要があるが、就業規則に記載する必要はない。
C.取得されなかった年次有給休暇の残日数・時間数は、次年度に繰り越されることとなるが、次年度の時間単位年休の日数は、前年度からの繰越分も含めて5日の範囲内である。
D.1日分の年次有給休暇が何時間分の時間単位年休に相当するかについて、1時間に満たない時間数の処理に当たっては切り捨てることも可能である。
E.あらかじめ時間単位年休を取得することができない時間帯を定めておくことができる。

 AとB

 AとC

 BとE

 CとD

 DとE




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.