【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
労務管理 2級 (サンプル 2)

【問題 24】
以下に示す記述はある事業場の就業規則の休暇に関する規定を抜粋したものであるが、法令に照らして最も不適切なものは、次のうちどれか。

 社員が自発的に、かつ、報酬を得ないで社会に貢献する活動を行う場合で、勤務しないことが相当であると認められるとき→ 一の年において5日まで

 社員が結婚する場合で、結婚式、旅行その他の結婚に伴い必要と認められる行事等のため、勤務しないことが相当であると認められるとき→連続する5日まで

 社員が妻の出産に伴い、勤務しないことが相当であると認められるとき→ 2日まで

 社員の親族が死亡した場合で、葬儀、服喪その他の親族の死亡に伴い必要と認められる行事等のため、勤務しないことが相当であると認められるとき→ 連続する3日まで

 社員が裁判員、証人、選挙立会人として、裁判所、国会、地方公共団体の議会その他官公署へ出頭するとき→2日まで




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.