【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
労務管理 2級 (サンプル 2)

【問題 35】
安全衛生教育に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 討議方式の安全衛生教育は、講師への質問、相互の意見交換が自由に行えることから、参加者には満足感が得られる。

 OJTは、新規採用者等現場における作業に熟練していない者に対して行う手法として有効である。

 安全衛生教育計画を作成する場合には、5W1Hの原則を明らかにしておくことが重要である。

 安全衛生教育は、事例に学ばせると効果的であることから、教育素材としては、災害事例、ヒヤリ・ハット事例等を多く活用する。

 問題解決方式の安全衛生教育は、知識が少ない新規採用者の教育に有効である。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.