【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
労務管理 2級 (サンプル 2)

【問題 37】
健康診断に係る費用等の負担に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 雇入れ時の健康診断受診は、採用の可否を判断するものではないが、その費用は、事業主の負担となる。

 特殊健康診断の受診が法定労働時間外に行われた場合にあっても、事業主は割増賃金を支払う必要はない。

 定期健康診断で、業務上の事由による脳・心臓疾患に関連する異常が認められた労働者は、二次健康診断の費用を労災保険法に基づき受給できる。

 海外派遣労働者に対する健康診断の受診に要する時間の賃金は、事業主が負担することが望ましい。

 再検査・精密検査の受診に要する時間の賃金は、労使協議や就業規則等の任意の取扱いに委ねられている。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.