【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
労務管理 2級 (サンプル 2)

【問題 6】
労働契約等に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

 労働者派遣契約は、派遣元が派遣先に対し労働者派遣をすることを約束する契約であり、派遣労働者は、派遣元とは労働契約がない。

 請負契約は、当事者の一方がある仕事を完成することを約束する契約であり、相手方からどのようなやり方で仕事を行うか等について、業務上の指揮命令を受ける。

 労働契約は、当事者の一方が労働に従事することを約束する契約であり、使用者からどのようなやり方で仕事を行うか等について、業務上の指揮命令を受けない。

 労働者派遣契約は、派遣元が派遣先に対し労働者派遣をすることを約束する契約であり、派遣労働者は、派遣元から業務上の指揮命令を受ける。

 委任契約は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託する契約であり、相手方からどのようなやり方で仕事を行うか等について、業務上の指揮命令を受けない。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.