【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
総務 2級 (サンプル 2)

【問題 27】
社内広報及び社内広報マネジメントに関する記述として適切なものの組合わせは、次のうちどれか。

@社内広報は、社員への経営理念や規範等の浸透を第1の目的とし、社員相互間や経営者と社員等の間に理解と信頼関係をつくるために必要である。
A社内広報は、正規社員だけでなく、非正規社員、国内外のグループ会社社員、入社希望者、定年退職者なども対象とすべきである。
B社内広報において、効率的な社内情報の収集を行うためには、広報委員会、通信員制度等の社内協力組織を設置するとよい。
Cメディア・トレーニングとは、自社の企業情報の理解促進を図るためにマス・メディアに対し、レクチャー等を通じて教育を行うことである。
D社内広報の効果測定は、経営理念の浸透度や経営情報の理解度など目標に対する達成度の評価を基本とすべきで、社員を対象とした自社へのイメージ調査や好感度調査は相応しくない。

 @、B

 @、C、D

 A、B

 A、D

 A、C、D




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.