【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
総務 2級 (サンプル 2)

【問題 9】
新株予約権発行に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 種類株式発行会社において、募集新株予約権の全部又は一部が譲渡制限株式である場合には、原則として当該種類株主総会の決議が必要になる。

 公開会社が取締役会において新株予約権の募集事項を決定した場合、割当日の2週間前までに株主に対して通知しなければ効力を生じないが、公告をもって代えることができる。

 株式会社において、新株予約権の無償割当てに関する事項の決定は、定款に別段の定めがある場合を除き、株主総会の特殊決議を要する。

 新株予約権付社債の募集については、新株予約権の募集に関する規定が適用されるため、社債の募集に関する規定は適用されない。

 株式会社においては、新株予約権原簿を作成し、本店に備え置きしなければならないが、株主名簿管理人を置いている場合には、その事務を株主名簿管理人に併せて委託することができる。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.