【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
総務 3級 (サンプル 4)

【問題 18】
K社では、業務効率向上の観点から、eメールを社内の公式な伝達手段とすることとした。そのため、総務部では、eメールの利用に当たってのガイドラインを作成することとなった。ガイドラインに掲載する内容として適切なものは、次のうちどれか。

 各自が分かりやすい表現を工夫しやすいように、eメール文書の雛形は作成しないようにすること。

 eメール作成時の作業負荷を軽減するために、全て平文で送信するようにすること。

 社内会議の議事録を、参加者に同報メールで送る場合には、BCCを使用すること。

 eメールで送信した内容について、必要に応じ、内線等により、補足説明を行うこと。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.