【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
総務 3級 (サンプル 4)

【問題 24】
社内規程に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 企業の製造工程において作成されている「作業手順書」は、工程でのムダの排除、効率化の推進、均一性の向上等を目的としたいわゆる「作業マニュアル」であり、規程ではない。

 社内規程には、法律で作成が義務付けられている法定規程と、会社の任意の判定で作成される任意規程とがあるが、「就業規則」は、法定規程である。

 製品の品質向上を目的とした「ISO9000ファミリー」の認証を得るためには、「品質マニュアル」の作成が義務づけられているが、このマニュアルは、企業若しくは事業所における規程の1つである。

 建設業、製造業、運送業等の危険を伴う現場では、安全確保のために、朝礼での安全啓発、始業時での準備体操、作業時(動作時)での指差し呼称等が行われるが、これらの実施を指示する文書は、安全衛生に関する規程である。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.