【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
総務 3級 (サンプル 4)

【問題 35】
自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 自賠責保険の補償には、一定の限度額があり、現在、死亡による賠償の支払い限度額は、被害者1名につき3,000万円である。

 自賠責保険は、被害者の救済を目的としているため、被害者に重大な過失があった場合でも、支払額の減額はされない。

 ひき逃げ等で加害者が不明の場合、加害者に代わって、政府が被害者に自賠責保険に準じた支払いを行う。

 自賠責保険は、自動車損害賠償保障法に基づき、全ての自動車に加入が義務付けられており、加入せずに運転をすると罰則がある。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.