【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
総務 3級 (サンプル 4)

【問題 39】
緊急記者会見に関する記述として最も不適切なものは、次のうちどれか。

 事件、事故等が発生した場合、自社に法的責任がないときでも、記者会見では、謝罪の言葉を言うべきである。

 スピーディな情報公開が緊急時の広報の基本であり、緊急記者会見の開始は、予告した時間前でも、多くの記者が集っていれば、スタートすべきである。

 多数のメディアから会見を要求された場合、再発防止策が発表できる状態ではなくても、記者会見を行うべきである。

 緊急記者会見は、「緊急記者会見の案内」をファックス後、記者の移動時間を考えて2時間程度のタイムラグをとって実施すべきである。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.