【過去問倶楽部】
〜ファイナンシャル・プランニング技能検定〜
 (平成20年1月 3級学科)


【問題 35】
一般に,老後生活においては在職中と比較して総収入が( @ )することが多いため,生活状況等によっては金融資産の運用等を考慮に入れながら資金プランを作成する必要があるといえる。また,老後の資金プランを作成する場合には,生年月日に応じた公的年金の支給開始年齢の( A )について確認しておくとよい。

 @ 増加 A 引上げ

 @ 減少 A 引上げ

 @ 増加 A 引下げ




ファイナンシャル・プランニング技能検定の問題番号選択画面へ

ファイナンシャル・プランニング技能検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.