【過去問倶楽部】
〜ファイナンシャル・プランニング技能検定〜
 (平成21年1月 3級個人資産相談業務)


【問題 1】
Aさんは,社会保険庁から「ねんきん特別便 年金記録のお知らせ」を受け取り,公的年金に関心をもつようになった。また,子Cがもうすぐ20歳になることもあり,公的年金制度についてファイナンシャル・プランナーであるDさんに聞いてみることにした。
なお,Aさんおよび家族に関する資料等は,以下のとおりである。

〈Aさんおよび家族に関する資料〉
・Aさん(満48歳):昭和35年4月25日生まれ
会社員(健康保険,厚生年金保険,雇用保険に加入中)
現在および将来も障害の状態にない。
・妻 B(満45歳):昭和38年7月8日生まれ
Aさんの扶養に入っており,現在および将来も,Aさんと生計維持関
係にある。
・子 C(満19歳):平成元年2月20日生まれ
大学2年生で,Aさんの扶養に入っており,同居している。

〈公的年金の加入歴(見込みを含み,20歳未満の加入歴は考慮しないこと)

※上記以外の条件は考慮せず,各問に従うこと。



国民年金の被保険者に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。

 国民年金の第1号被保険者とは,原則として,日本国内に住所のある20歳以上60歳未満の自営業者や学生等であるが,日本国内に住所のある20歳以上60歳未満の者であっても,無職である者は第1号被保険者から除かれる。

 国民年金の第2号被保険者とは,原則として,厚生年金保険の被保険者,共済組合等の組合員または加入者であるが,60歳以上の者は第2号被保険者から除かれる。

 国民年金の第3号被保険者とは,原則として,国民年金の第2号被保険者の配偶者であって,主として第2号被保険者の収入により生計を維持する20歳以上60歳未満の者である。




ファイナンシャル・プランニング技能検定の問題番号選択画面へ

ファイナンシャル・プランニング技能検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.