【過去問倶楽部】
〜ファイナンシャル・プランニング技能検定〜
 (平成24年5月 2級学科)


【問題 1】
ファイナンシャル・プランナーの顧客に対する行為に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

 金融商品取引業の登録を受けていないファイナンシャル・プランナーが、顧客からの株式投資の相談に関し、有価証券の勧誘を目的とせずに、市販の投資専門雑誌を示して株式投資の一般的なリスクを説明した。

 生命保険募集人の登録を受けていないファイナンシャル・プランナーが、顧客からライフプランの相談があるときには、生命保険の募集・勧誘を目的とせずに、世帯主死亡時の必要保障額準備としての生命保険活用の一般的な効果を説明している。

 宅地建物取引業の免許を受けていないファイナンシャル・プランナーが、顧客の土地購入に係る相談に関し、隣接地所有者を明らかにするための登記簿・公図を法務局で調査し報告した。

 税理士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが、顧客サービスの一つとして、国税庁のホームページを利用して顧客の所得税の確定申告書をその顧客に代わって作成している。




ファイナンシャル・プランニング技能検定の問題番号選択画面へ

ファイナンシャル・プランニング技能検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.