【過去問倶楽部】
〜ファイナンシャル・プランニング技能検定〜
 (平成24年9月 2級学科)


【問題 1】
ファイナンシャル・プランナー(以下「FP」という)の職業倫理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

 FPは、顧客のプランニングに当たっては、FP自身の利益より顧客の利益を優先すべきである。

 FPは、顧客のプランニングで得た顧客情報について、顧客の同意を得なくても、利用目的がプランニングに関するものであれば、税理士・弁護士等の専門家には提供しなければならない。

 FPは、顧客のプランニングを提案する場合、顧客の理解を得るため、プランニングの内容について、十分な説明を行うことが求められる。

 FPは、顧客のプランニングに必要な法律や税制、金融商品等の最新情報を収集するなど、FPとしての自己研さんに努めるべきである。




ファイナンシャル・プランニング技能検定の問題番号選択画面へ

ファイナンシャル・プランニング技能検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.