【過去問倶楽部】
〜ファイナンシャル・プランニング技能検定〜
 (平成24年9月 3級学科)


【問題 52】
宅地建物取引業法の規定により,宅地建物取引業者は,自ら売主となる不動産の売買契約の締結に際して,取引の相手方が宅地建物取引業者でない場合,代金の額の( )を超える額の手付金を受領することができない。

 10分の1

 10分の2

 10分の3




ファイナンシャル・プランニング技能検定の問題番号選択画面へ

ファイナンシャル・プランニング技能検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.