【過去問倶楽部】
〜ファイナンシャル・プランニング技能検定〜
 (平成24年9月 3級学科)


【問題 60】
相続により取得した宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における特定居住用宅地等に該当する場合,( @ )を限度面積として,評価額の( A )を減額することができる。

 @ 200u A 50%

 @ 240u A 80%

 @ 400u A 80%




ファイナンシャル・プランニング技能検定の問題番号選択画面へ

ファイナンシャル・プランニング技能検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.