【過去問倶楽部】
〜ファイナンシャル・プランニング技能検定〜
 (平成26年1月 2級学科)


【問題 48】
不動産の取得に係る税金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

 不動産取得税は、原則として不動産を取得した者に対して、当該不動産の所在する都道府県が課税する。

 建物を新築して最初に表示に関する登記 (表題登記)を行う場合 、登録免許税は課税されない。

 相続による不動産の取得に起因して所有権移転登記を行う場合、登録免許税は課税されない。

 不動産売買契約書に印紙を貼付する方法により納付する印紙税額は、契約書に契約金額が記載されている場合、その金額に応じて算出される。




ファイナンシャル・プランニング技能検定の問題番号選択画面へ

ファイナンシャル・プランニング技能検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.