【過去問倶楽部】
〜ファイナンシャル・プランニング技能検定〜
 (平成30年9月 2級学科)


【問題 2】
後期高齢者医療制度(以下「本制度」という)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

 後期高齢者医療広域連合の区域内に住所を有する70歳以上のすべての者は、本制度の被保険者となる。

 本制度の被保険者の配偶者で年間収入が180万円未満の者は、本制度の被扶養者となることができる。

 本制度の保険料は、納付書または口座振替によって納付することとされており、公的年金からの徴収は行われていない。

 本制度の被保険者が保険医療機関等の窓口で支払う一部負担金(自己負担額)の割合は、原則として、当該被保険者が現役並み所得者である場合は3割、それ以外の者である場合は1割とされている。




ファイナンシャル・プランニング技能検定の問題番号選択画面へ

ファイナンシャル・プランニング技能検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.