【過去問倶楽部】
 〜行政書士〜  (平成19年)


【問題 22】
条例の制定改廃請求権に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

 地方自治法上、条例の制定改廃請求権は、普通地方公共団体の議会の議員および長の選挙権を有する住民に限られず、選挙権を有さない外国人に対しても認められている。

 住民は、その属する普通地方公共団体のあらゆる条例について、条例制定改廃請求権を行使することができる。

 条例の制定改廃の請求を行う場合については、住民は一人でも請求をなすことができる。

 条例の制定改廃の請求は、普通地方公共団体の長に対して行われ、長から議会に対して付議される。

 条例の制定改廃請求が行われた後、その内容について住民投票が行われ、賛成が多数であれば当該条例の制定改廃が行われる。




行政書士の問題番号選択画面へ

行政書士のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.