【過去問倶楽部】
 〜行政書士〜  (平成27年)


【問題 1】
第二次世界大戦後に日本で生じた法変動に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(注)* 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律

 敗戦後の住宅難に対応するため借地法と借家法が制定された。

 労働者の権利を拡張するものとして労働組合法が制定された。

 公正で自由な経済的競争を促進する目的で独占禁止法*が制定された。

 地方自治を強化するものとして地方自治法が制定された。

 英米法的な観点を加えた新しい刑事訴訟法が制定された。




行政書士の問題番号選択画面へ

行政書士のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.