【過去問倶楽部】
 〜管理業務主任者〜
   (平成18年)


【問題 1】
民法上の各種の契約に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

 売買及び請負が、有償・双務契約であるのに対し、贈与及び使用貸借は、無償・片務契約である。

 雇用及び請負が、諾成・有償・双務契約であるのに対し、贈与及び和解は、諾成・無償・片務契約である。

 売買及び賃貸借が、諾成・有償・双務契約であるのに対し、組合及び使用貸借は、諾成・無償・双務契約である。

 組合及び交換が、諾成・有償・双務契約であるのに対し、消費貸借及び寄託は、要物・有償・双務契約である。




管理業務主任者の問題番号選択画面へ

管理業務主任者のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.