【過去問倶楽部】
 〜マンション管理士〜
   (平成21年)


【問題 1】
建物の敷地に関する次の記述のうち、建物の区分所有等に関する法律(以下「区分所有法」という。)の規定によれば、誤っているものはどれか。

 一筆の土地に数棟の建物が存するときは、法律上当然に一筆の土地全体がそれぞれ各棟の建物の敷地となることはない。

 区分所有者が建物及び建物が所在する土地と一体として管理する土地は、法律上当然に建物の敷地となることはない。

 一棟の区分所有建物が所在する土地は、法律上当然に建物の敷地となる。

 建物が所在する土地が一筆のうちの一部であっても、法律上当然に一筆全体が建物の敷地となる。




マンション管理士の問題番号選択画面へ

マンション管理士のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.